昭和建設興業株式会社 採用情報 | 社会を創る仲間募集中!

マイナビ転職に掲載中の求人情報はこちら

※掲載していない場合でも随時募集中

スタッフ紹介 - 鈴木隆介(現場作業)

高校を卒業して2年ほどは他社で土木の仕事していました。社風が合わずこちらに転職したのですが、会社によってこんなに雰囲気が違うのかと驚きました。まず若手でも自分で考えて行動する機会が公平に与えられます。もちろん技術的に至らないところはたくさんありますが、自ら試行錯誤して提案するのであれば受け止めてもらえます。叱られた原因は必ず納得できるし、聞けば教えてもらえる環境です。

スキルが高い技術者と一緒に現場に出られるのも勉強になります。土木にも重機の扱いがうまい人や構造物の並べ方がうまい人など、得意分野がそれぞれあるんです。現場を重ねて自分の得意が見えてくると自信がつきます。

最近は現場監督業も手がけています。監督業は測量や日程調整、安全管理、材料の発注などで責任が伴います。半年ほど前から1人で任されてステップアップを感じました。今後は予算管理もできる監督になるのが目標です。

スタッフ紹介 - 後藤 圭太(現場監督)

前職は大工でしたが収入を安定させたかったのでこちらに転職しました。手がけているのは宅地造成や下水道整備、舗装などの仕事です。土木工事で必要な資格は会社負担でひと通り取らせてもらいました。会社が「人を育てよう」と考えているので、やる気があればチャレンジはどんどんできると思います。

今は現場監督が主です。大がかりな造成工事であれば山を削って地面の下にあるインフラを整え、整地や地盤改良も行って引き渡します。地質や条件に合わせながら必ず工期を守らなければいけない。特に道路新設工事での道路勾配の設定は腕の見せ所でもあるし頭を使います。難しい工事ほど終わったら達成感があります。

私が入社した頃に比べたら業界の体質は変わりました。昔は年功序列でしたが今は「できる人に任せる」世界。若くてもチャンスがあります。この会社は職人を抱えているので、いろんな技術のプロから直接学べるのも魅力です。あとは経験が自分を育ててくれます。